「夢の工法」ベル工法

塩化ビニル推進管での長距離曲線推進を実現
下水道管路の長寿命化でライフサイクルコストの縮減を提案します

ベル工法システム

ベルマシン1 ベルマシン1

ベル工法の性能等

ベル工法の性能等

ベル工法 機器

ベル掘進機 ■ 標準型掘進機

掘進機は4分割する事ができ、2号人孔内での先導体の回収並びに鉄蓋(φ600)からの搬出が可能です。 VC型掘進機(曲線用)は2箇所の方向修正装置により、曲率半径60mの複数曲線が可能です。

ベル掘進機 ■ 礫対応型型掘進機

掘進機は三段階で礫を破砕する構造で、第二クラッシャーでは泥水でビットと粗石を洗浄しながら砕く方式を採用しているため、互層にも対応が可能です。

ポンプ筒 ■ ポンプ筒

長距離推進に対応するために開発された、小型の排泥ポンプを搭載しています。

計測ロボット ■ 自動化測量システム(自走式計測ロボット)

土被り深さや埋設物等に影響されない、推進管内での自動化測量システム(自走式計測ロボット)を採用しています。

ベル掘進機 ■ ベル工法用推進管

ベル工法用推進管は、標準管とプッシャー管に区分され、プッシャー管は16m毎(支持装置の設置箇所)に使用します。

ベル掘進機 ■ 曲線用スペーサー

曲線部においてはスペーサー(t=10mm)を使用します。管端部の潰れや破損を防止し、「点」ではなく「面」で推力を伝達します。

ベル掘進機
ベル掘進機 ■ インナー装置詳細 ベル掘進機
ベル掘進機 ■ インナー支持装置

曲線部においてはスペーサー(t=10mm)を使用します。管端部の潰れや破損を防止し、「点」ではなく「面」で推力を伝達します。

ベル掘進機
Copyright(c) 2019 ベル・ミクロ工法協会 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com