ベル工法の長距離推進理論

【低耐荷力管推進工法 概念図】

従来の低耐荷力管推進工法は、先導体の推進に必要な推進力先端抵抗を推進力伝達ロッドに作用させ、管には土との周面抵抗力のみを負担させることにより推進する工法です。 周面抵抗力は推進距離に比例して増加するため、管の許容耐荷力と等しい距離が許容推進延長となっています。

概念図 【ベル工法 概念図】

ベル工法は周面抵抗力が管の許容耐荷力より下回る間隔(標準16m)ごとに、インナー装置に設置されたインナー支持装置の支持部材で管を支持します。 このシステムにより、周面抵抗力はインナー装置で担うことになり、許容推進延長は管の耐荷力で制限されるのではなく、インナー装置の許容耐荷力で長距離推進を可能としています。

ベル工法概念図

管路施設の老朽化による障害 (出典 国土交通省)

下水道管渠延長
道路陥没箇所数
予算標準化イメージ
腐食。陥没事故例
長寿命化イメージ

*小口径下水道管渠推進は、鉄筋コンクリート管から塩ビ管へ