標準型掘進機の施工事例

■ 制約条件が多い都市部で109m 東京都内

推進延長 L=109.71m
曲線種  R=100m
管 径  φ350
土 質  シルト質粘土 N≤5
土被り  6.6~10.3m
道路幅員 5.0m(住宅地)
現場条件 
・制約条件多い住宅地
・土被り深く埋設管輻輳
・流木に遭遇

vel021.png(19541 byte)

泥水プラントを30m離れた歩道に設置し、地上配管にて対応。発進立坑内で東電管を吊防護しながらの施工であった。

■ 工事渋滞対策が検討された143m(軟弱地盤 N=1)千葉県内

推進延長 L=143.18m
曲線種  R=60m、60m
管 径  φ300
土 質  シルト質細砂 N=1
土被り  4.0~4.4m
道路幅員 6.0m
現場条件 
・軟弱地盤
・駅前メイン通りで渋滞する道路

vel021.png(19541 byte)

駅前通りが渋滞するため、脇道から発信しメイン道路に出て推進し、 到達も脇道の既設人孔(2号)にS字カーブ(60mR×2箇所)の曲線推進で到達させ、 先導体は鉄蓋から回収した。土質はN値1の軟弱地盤であり先導体の自沈が懸念されたが、 ベル工法の先導体は長いため自沈しにくく軟弱地盤でのS字曲線も含めて、工法の特性を活かせられた工事であった。

■ 交通量の多い周辺環境で254m (軟弱地盤 N=0~1) 埼玉県内

推進延長 L=254.94m
曲線種  R=100m、200m、200m
管 径  φ300
土 質  砂混じりシルト N=0~1
土被り  4.8~3.8m
道路幅員 5.5m
現場条件 
・工場が立ち並ぶ交通量が多い道路
・軟弱地盤

vel021.png(19541 byte)

道路幅員5.5mで埋設管が輻輳し、且つ、工事等が立ち並ぶ交通量が多い周辺環境であった。 地盤はN値0~1の軟弱地盤であったが、地盤改良が困難な施工条件であった。 長距離曲線推進が必要とされ軟弱地盤での実績が多いベル工法が採用された。 先導体の自沈が懸念されたが、地盤改良なしで、曲線3箇所を含む255mを推力10t弱で無事到達させた。

礫対応型掘進機の施工事例

■ 砂礫層で213m 岩手県内

推進延長 L=213.41m
曲線種  R=80m、60m、120m
管 径  φ300
土 質  砂礫土(最大190mm礫率21.7%)
     一軸圧縮強度55MN/m
土被り  3.7~4.2m
道路幅員 3.7m、水路(1.8*2.0m)並走
現場条件 
・山の直下で地下水が多い
・砂礫層と粘性土の互層

岩手県内施工事例

全線1,042mのうち、1スパン213.41mの長距離推進。 当初設計では最大礫径50mm以内の砂礫層の想定であったが、190mmの礫が12個/m出現した。 想定より礫径が大きかったため縦断勾配を確保すすることが困難になり、掘進機や面盤の改良を行い対応した。 また、途中、粘性土を含む互層地盤を通過したが、推力22t以内で到達した。