ベルリプレイス工法

塩化ビニル管での改築推進のスピード化を実現

特許取得

特許番号:6479892 登録:2019年2月15日

ベルリプレイス工法の特長

日進量15m以上を実現
パイロット破砕機の破砕刃の押し拡げを繰り返しながら既設管を破砕し、元押方式で推進する
ことで、推進スピードが驚異的に早く、日進量15m以上を公開実証実験で実現しました。。
掘進のスピード化により、コストダウンが図れる
掘進のスピード化により、作業日数が大幅に縮減され、機械損料や施工費及び安全対策費用等
のコストダウンが図れます。
1号人孔到達が可能
1号人孔の斜壁を撤去した状態(内寸法φ900確保)で回収が可能です。
環境にやさしく、経済的
パイロット破砕機の破砕刃で既設管を押し拡げて地山に破片を押し込みながら既設管の内径を
20mm拡げ、掘進機でこぼれた破片等を取り込みながら推進する方式です。
周辺の埋設管等への影響が少ない
パイロット破砕機で押し拡げる範囲は既設管外径から20~30mm程度なので。周辺埋設管への
影響が少なくなります。
地下水位以下の施工条件でも施工可能
パイロット破砕機は止水装置を装備しており、地下水がある条件下でも施工可能です。

ベルリプレイス工法 性能等

性能立坑環境
・1スパン 50m
・ヒューム管&塩ビ管の改築に対応
・地下水位以下に対応
・発進 D2000
・到達 既設人孔(斜壁撤去)
・耐食性・耐震性・長寿命
・建設残土の低減
・工期短縮・交通渋滞縮減
Copyright(c) 2019 ベル・ミクロ工法協会 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com