「夢の工法」ベル工法

塩化ビニル推進管での長距離曲線推進を実現
下水道管路の長寿命化でライフサイクルコストの縮減を提案します

ベル工法の長距離推進理論

【低耐荷力管推進工法 概念図】

従来の低耐荷力管推進工法は、先導体の推進に必要な推進力先端抵抗を推進力伝達ロッドに作用させ、管には土との周面抵抗力のみを負担させることにより推進する工法です。 周面抵抗力は推進距離に比例して増加するため、管の許容耐荷力と等しい距離が許容推進延長となっています。

概念図 【ベル工法 概念図】

ベル工法は周面抵抗力が管の許容耐荷力より下回る間隔(標準16m)ごとに、インナー装置に設置されたインナー支持装置の支持部材で管を支持します。 このシステムにより、周面抵抗力はインナー装置で担うことになり、許容推進延長は管の耐荷力で制限されるのではなく、インナー装置の許容耐荷力で長距離推進を可能としています。

概念図

ベル工法の特長

長距離推進
ベル工法は、従来工法のように許容推進延長が管の許容耐荷力に制限されないため、
低耐荷力管(塩化ビニル管)でも最大250mの長距離推進が可能です。
曲線推進
掘進機は方向修正装置を2箇所装備する事により、60Rまでの複数曲線推進が可能です。
光学式ジャイロを搭載した自走式計測ロボットによる管内測量を使用することにより、
深い土被り、既設埋設管との併走、河川・水路横断等の施工条件下でも、高性能な水平位置計測が可能です。
支障物に対応
掘進中、予期しない支障物に遭遇した場合は、引き戻して迂回線形での掘進が可能です。
工期短縮
自走式計測ロボットによる管内測量を採用しているので、曲線数や曲率半径による日進量の
低下はありません。また、ベル工法用推進管(1・33m管)を使用することで、従来工法で使用する
1.00m管より段取り替えを33%少なくし、作業効率を高めています。
長寿命化
従来、耐久性や耐震性に強い塩化ビニル管での推進は、短距離・直線線形のみの対応でした。
ベル工法は塩化ビニル管での長距離・曲線推進を実現し、下水道管渠の長寿命化に貢献します。
耐震性
ベル工法では耐震性に優れたSUSカラーを採用しています。推進管SUSカラー継手部は
折角が3度(曲率半径:R=26m)まで水密性が保たれ、水や土砂が流入しません。

ベル工法の検討

塩ビ管の優位性が重視され、道路線形や支障物等により曲線推進が必要とされる場合
塩ビ管での曲線推進は「ベル工法」のみ
塩ビ管の優位性が重視され、埋設管協議や迂回路確保が難しく長距離推進が必要とされる場合
塩ビ管での長距離推進は「ベル工法」のみ
塩ビ管の優位性が重視され、硬質土や砂礫土での長距離や曲線推進が必要とされる場合
砂礫層での長距離曲線推進の実績があるのは「ベル工法」のみ
呼び径300・350の小口径推進で、2号人孔到達の鉄蓋から先導体の搬出が必要とされる場合
先導体を鉄蓋から搬出できる「ベル工法」
細砂や砂礫で推力上昇が予想され、推進管の破損が懸念される場合
支持装置で推進管への負担を大きく軽減した「ベル工法」
土被り8m以上や、埋設物があり管内測量での複数曲線が必要とされる場合
管内測量での複数曲線の実績が多い「ベル工法」が優位
国道や鉄道横断等の曲線推進で、支障物が懸念される場合
曲線推進での引抜きが可能で、支障物を迂回する線形に対応可能な「ベル工法」が優位
軟弱地盤での長距離や曲線推進が必要とされる場合
先導体は6.2mと長くボルト連結で一体化されているため、沈下しにくい「ベル工法」が優位

管路施設の老朽化による障害(出典 国土交通省)

管きょ延長 管きょ延長 予算標準化 管きょ延長 管きょ延長
Copyright(c) 2019 ベル・ミクロ工法協会 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com